ここでは、 に関する情報を紹介しています。

履歴書を作成する上で忘れてはいけないのが証明写真。

人を相手にする保育士は、見た目から与える印象がとても重要です。

基本的なポイントを押さえて、先方に選んでもらえるベストショットを用意しましょう。

20160419101026.jpg

著者:東京都20代後半女性 - 保育士


    服装

    証明写真を撮る時は、まず服装から。パーカーにジーンズ……は就活に相応しくないですよね。

    ご存知かと思いますが、履歴書に貼る写真を撮影する時は、スーツを着るのが基本です。

    しかし、大学生のリクルートじゃないしスーツは…と思う方は、襟付きのシャツにフォーマルなジャケットを羽織るスタイルでも大丈夫です。その際、ジャケットの色は紺や黒、ベージュなど落ち着いた色をチョイスしてください。

     

    髪型

    ボサボサの髪型では相手に与える印象も悪くなってしまいます。しっかりと髪型を整えてから撮影に臨みましょう。長い髪の人は、後ろで髪をまとめるとスッキリとした印象になります。

    重要なポイントは、目の部分が見えるようにすること。前髪で目の部分が隠れていませんか?うつむき加減で撮影すると写真写りがよくなると考えられていますが、前髪が下りてしまい目の部分が隠れてしまいます。大学生のリクルートではないのでおでこをピシっと出すまではしなくても、前髪は短めに整えておくと良いでしょう。

     

    髪の色は真っ黒にする必要はありませんが、金髪や赤など派手な色は悪い印象を与えてしまいます。

     

    化粧

    20160419101047.jpg

    女性にとって気になるポイントですね。一般企業では就活生向けメイク講座があるくらいです。

    一般企業に勤める場合は、しっかりとしたメイクが好まれるようですが、保育士はどちらかと言うと薄化粧が好まれます。だからと言って、すっぴんで撮影をすることはNG。清潔感があり、素肌を感じさせるくらいの薄いメイクを練習しましょう。

    また、つけまつ毛やカラーコンタクトは厳禁です。

     

    表情

    その人の印象を決定づける“表情”

    証明写真を撮る時に、どんな表情をして良いのか分からない!と思いますよね。

    履歴書に貼る写真なら、「ちょっと微笑む」くらいが好ましいです。

    ニコニコ笑いすぎや、真顔の無表情ではなく、大人らしく自然な笑顔で写りましょう。

     

    履歴書に貼る時の注意点

    さあ、写真が出来上がったら履歴書に貼ります。

    筆者の経験から1つお伝えしたいことなのですが、証明写真は履歴書が全部書き終わってから貼るのがおすすめです!

    なぜなら、書き損じてしまう可能性がるからです。最初に写真を貼ってしまうと、書き損じてしまった時に写真ごと捨てなければいけません。せっかく撮影したのに、勿体ないですよね。ですから、完璧に仕上がった履歴書を確認してから、最後に顔写真を貼るようにしてください。

     

    そして、貼り方にも注意が必要です。のりで貼り付けると、途中で剥がれてしまうことがあります。特にスティックのりは粘着力が弱いので要注意です。おすすめは両面テープ。これを使って写真が剥がれたことは一度もありません。

    面接先の保育園に行って「あれ?貼ったはずの写真がなくなってる……!?」ということにならないように、気をつけてください。


    メイクもヘアスタイルも面接対策もばっちりの保育士さんが確認しておきたい一括応募可能な求人サイト




    20160419093844.jpg

    転職先を探して履歴書を何枚も書く作業…めんどくさいですよね。

    園に合わせて志望動機を変えるのも大変。

    今回は、履歴書作成の手間が少しでも省けるように、保育園転職経験者が書いた見本をご紹介します。

     

    なるべく短時間で、楽な履歴書作成をしましょう……♪



      日付〜連絡先

      ◆日付:平成28年4月15日

      提出日を記入します。

      ◆氏名:鈴木 花子

      「ふりがな」の平仮名・カタカナ表記に注意。

      ◆生年月日:昭和60年5月1日

      和暦か西暦か、統一して書きます。

      ◆現住所:〒○○○–○○○○○

          東京都△△区○○町1丁目2−3 

          AAAマンション 103号室

      郵便番号、マンション名もしっかりと記入!

      「緊急連絡先」の記入欄がある場合は、実家の連絡先を記入しましょう。

      ◆電話番号:xxx-xxxx-xxxx

      固定電話、ファックスがある場合は忘れずに記入します。

      FAXで書類が送られてくる可能性もあります。

       

      学歴・職歴

      学歴

      平成xx年 4月 ○○県立第一高等学校 入学

      平成xx年 3月 ○○県立第一高等学校 卒業

      平成xx年 4月 △△大学福祉学部児童学科保育コース専攻 入学

      平成xx年 3月 △△大学福祉学部児童学科保育コース専攻 卒業

       

      職歴

      平成xx年 4月 社会福祉法人○○ おひさま保育園 入職

              2歳児、3歳児のクラス担任として勤務

      平成xx年 3月 一身上の都合により退職

      平成xx年 4月 株式会社○○ 第一ナーサリー 入職

              現在に至る。

                            以上

      ※学歴と職歴は分けて書きましょう。

       

      免許・資格

      平成x年 保育士資格

      平成x年 幼稚園教諭第一種免許

      平成x年 普通自動車一種免許

       

      ※保育士資格をいちばん上に書き、その他は取得した順番に書いてください。

       

      趣味、志望動機

      ◆趣味:キャンプ

      ◆特技:パソコン

      保育士の業務の中で活かせる趣味・特技を書くと良いでしょう。

      ◆健康状態:良好

      ◆スポーツ:水泳

      健康状態は「良好」と記入します。

      何か経験のあるスポーツがあれば書きましょう。

      「マラソン」や「ヨガ」でもOKです。

      ◆志望動機:

      クッキングや自然教室など、子どもたちが「体験すること」を重視している貴園にて、自分のチャレンジ精神を活かして保育を行いたいと思っています。アウトドアが趣味なので、自分の経験を子どもたちにも伝えていきたいです。

       

      本人希望欄

      (希望があれば記入)

      ◆給料:貴園(御社)の規定に準じます。

      ◆職種:保育士

      ◆勤務時間:貴園(御社)の規定に準じます。

      ◆勤務地:東京都内

      ◆勤務開始可能日:平成○○年5月20日から

       

      本人記入欄がある場合は、必ず埋めるようにしましょう。

      給料や勤務時間は、特別な事情がない限り、こちらから指定すべきではありませんが、時短勤務などを望む場合は、希望の勤務時間を履歴書内でも伝えておいたほうが良いでしょう。

       

      20160419093844.jpg

      履歴書を書く時の注意点

      保育士は丁寧な字を求められます!

      履歴書を書く時は、黒いペンを使用して、なるべく丁寧に記入しましょう。

      間違えてしまった場合は修正液を使うのではなく、新しく書き直すようにしましょう。 

      著者:東京都20代後半女性 - 保育士

       

      20160418220531.jpg

      履歴書を書いている時、つい悩んでしまう「趣味」の欄。

      そういえば自分の趣味ってなんだ……?と自己分析を始めてしまう人もいるようです(笑)

      自分が夢中になってやっていることを書けば良いのですが、だからと言って何でも書いてOKというわけではありませんのでご注意を。

      ここでは、履歴書に書くと良い印象を与える趣味、履歴書には書かないほうがいい趣味をそれぞれご紹介しましょう!

      良い印象を与える趣味

       

      ◆読書

      趣味の王道といったら読書。面接の時に、どんな本が好きですか?と聞かれたら、最近流行のものやマニアックなものより、世間でまあまあ知られている作家やタイトルを答えましょう。共通の話題があると、面接も盛り上がります。

       

      ◆楽器

      学生時代に吹奏楽部に入っていた!なんていう方はぜひ書いておきましょう。楽器は保育の場でも活用することができる強い武器にもなります。

       

      ◆スポーツ

      部活やサークルで経験したことがあるスポーツがあれば「趣味」として記入しても良いでしょう。ダンスができると、子どもと一緒に踊ることができるので保育現場では役に立ちますね♪

       

      ◆絵を描くこと

      おたよりを書いたり壁面装飾を作ったりする保育士は、絵を描く機会も多いのです。苦手でも好きなことが大切!絵を描くことが好きな人は、履歴書でアピールしておきましょう!

       

      ◆裁縫

      裁縫が得意です!という保育士は貴重です。乳児クラスを担任すると、布おもちゃを作る機会もあるでしょう。針と糸でサクサクっと作り物ができる先生は保育園の宝ですね。

       

      ◆歌

      声楽を習っていなくても、歌うことが大好きな人は趣味の欄に書きましょう。友達とカラオケに行くことが大好きな人も、その経験が意外と保育現場で役に立つかもしれません。

       

      履歴書には書かないほうがいい趣味

      20160418220712.jpg

      ◆音楽鑑賞

      趣味として書きがちなんですが、「音楽鑑賞」はとても曖昧。クラシックが好きならば、「クラシック鑑賞」と書いたほうが話題が広がるでしょう。流行の音楽やロックバンドなどを話題に出すと、目上の先生は共通の話題として取り上げにくいかもしれないので避けましょう。

       

      ◆買い物

      趣味がショッピング!という女性はたくさんいると思うのですが、人によっては「浪費好きなの?」と捉えられてしまうかもしれません。カフェ巡り、くらいにしておきましょう。

       

      ◆人間観察

      人の心理を観察するのが得意であっても、履歴書でアピールするのはどうでしょうか。あまり良い趣味という印象は持たれないので避けましょう。

       

      ◆テレビを見る

      家にいる時にテレビばかり見ている印象を与えてしまいます。あまりアクティブなイメージではありませんね。好きなテレビ番組を書くのもNGです。同じ系統であれば「映画鑑賞」と書きましょう。

      著者:東京都20代後半女性 - 保育士


       

      ◆特になし

      趣味の欄に書くことを困った人は「特になし」と記載してしまうことがあります。

      無趣味な人=面白みのない人

      という印象を与えてしまうかもしれません。どうしても趣味を書きたくない人は、趣味の記載欄がない履歴書を用意しましょう。

      20160418200109.jpg

      保育士の皆さん、履歴書でいちばんよく見られているのはどこだか知っていますか?

      学歴?

      資格?

      いえいえ、実は志望動機なんですよ!

      「なぜこの人はうちの園を選んだの?」経営者だったら、当然知りたいことですよね。

      志望動機を丁寧に書くことで、印象に残るアピールができます。まずはき方の基本を抑えること、そして自分の個性を出すことが大切です!

       

      今回は、保育園に見事合格した先輩たちが書いた、志望動機の例文をご紹介します。

      履歴書を書く時の参考にしてください。

      例文①:自分の特技をアピールしよう!

      小さな頃から水泳教室に通っていて、今年で20年目になります。今は、小さな子たちに教える立場にもなり、子どもと関わることにやり甲斐を感じました。自分の経験を仕事で活かせないかと考え保育士を志しました。貴園では、夏季にプール合宿があると知り、ぜひ自分の得意なことを活かして保育をしたいと思っています。子どもたちに泳ぐ楽しさを伝えていきたいです。

       

      ★ポイント★自分の特技を、保育園の特色と絡めてアピール!

       

      例文②:今後の目標を伝えてやる気を見せる!

      以前は定員50人の小規模園に勤めていました。もっと大勢の子どもたちの保育がしたいと思い、300人以上の子どもたちが在籍している貴園を志望しました。今からたくさんの子どもたちに会えることを想像すると楽しみです。大人数だからこそできる遊びを活動に取り入れて、自分自身も日々子どもたちと一緒に成長していきたいと思っています。

       

      ★ポイント★今後やりたいことを大胆に伝える!

       

      例文③:とにかくあなたの保育園が大好き❤︎をアピール

      貴園から徒歩5分の場所に住んでおり、毎日園庭から子どもたちの元気な声が聞こえてくるのが楽しみでした。保育園の前を通りかかった時には元気な声で挨拶をしてくれて、優しい気持ちの子どもたちだと感じました。

      ぜひ自分が持っている資格を活かし、いつも挨拶をしてくれていた子どもたちの成長を見守っていきたいと思い、応募させていただきました。

       

      ★ポイント★保育園を褒める時は具体的なエピソードを入れること

       

      例文④:「学生時代に頑張ってきたこと」は使える!

      大学時代には、自然遊びを卒論のテーマに選び、里山に行ったり農業体験をしていました。貴園では、敷地内に畑があったり、ビオトープを作ったりと自然体験を保育の中に取り入れていることを知り、自分の学生時代の経験をぜひ活かしたいと考えています。

      昆虫も大好きなので、カブトムシやアオムシの飼育を子どもたちと一緒にしてみたいです。

       

      ★ポイント★学生時代にやっていたことから派生して、今後子どもたちとやれそうなことまで書くと良い

      20160418200225.jpg

      志望動機には、素直な自分の気持ちを書くことが大切です。例文を参考にして書く時は、文章の構成を参考にしながら「自分だったらどうかな」と考えながら書いていきましょう。志望動機は面接でも触れられることが多いため、事前にしっかりと考えておくことをオススメします。

      著者:東京都20代後半女性 - 保育士


      20160417222351.jpg

      履歴書によっては、「趣味」「特技」を記載するタイプのものがあります。

      「趣味って何を書けば良いんだろう……」

      と悩んでしまったり

      「プライベートなことを伝える必要なんてあるの?」

      と気が進まない方は、趣味・特技の記入欄がない履歴書を購入すれば良いのですが、「趣味」「特技」を記入しておくと、後の面接で役に立つ可能性が高いのです!

      「趣味」「特技」は面接の時のネタになる

      採用担当者も「面接で何から話そうかな?」と悩んでいる場合が多く、その時にちょっと目を惹くような趣味や特技が履歴書に書いてあると、話題作りにはちょうど良いのです。

      志望動機や前の職場を辞めた理由を聞かれると緊張してしまいますが、趣味や特技の話であれば、自分の好きなことなのでスラスラ話すことができますよね。

       

      履歴書に趣味・特技を記入したのであれば、面接でその話題に触れられた時にしっかりと受け答えができるように考えておきましょう。

      「いつからやっているのか」「どんなところが好きなのか」「保育園でその経験をどのように活用していきたいか」の3点を話すことができればOKです!

       

      保育士が履歴書に書く「趣味」

      まず趣味とは、特技とは違い上手にできなくても良いんです!実績がなくても大丈夫。いかに自分がそれを好きか、という点が重要です。

       

      たとえば「読書」これは無難な趣味ですね。読書は読書でも、何を読むかまで書きましょう。たとえば、児童書が好きとか時代小説が好きとか。

      保育士であれば「楽器」も良いですね。学生時代に吹奏楽やバンドの経験があれば、何の楽器ができるのかまで書いておくと良いでしょう。もし、コンクールで入選経験があったり、15年以上の経験があり演奏経験も豊富であれば「特技」の欄に記入したほうが良いでしょう。

      あとは、「スポーツ」ならば面接で話を振られても熱く語れるのではないでしょうか。部活やサークル活動でやっていたスポーツがあれば記入しましょう。保育士は体力勝負なので、運動ができる人は優遇される可能性が高いです。

       

      保育士が履歴書に書く「特技」

       

      趣味と違い、特技としてアピールするならば実績があることが望ましいです。

      「ピアノが得意」と記入する際は注意が必要です。保育園や幼稚園経験者であれば、誰でも基本的なピアノの演奏はできます。ここでピアノが得意なことをアピールするためには、+αの実績が必要です。3歳の頃からずっとピアノを習っているとか、暗譜で弾ける曲が何曲もあるとか。特技と書いたからには、卒園式のピアノの演奏も任せていいのよね?と言われ、大変な思いをした人もいます。

      20160417222413.jpg

      採用担当者が「おっ!」と思う特技のひとつに「パソコン」があります。専門的に勉強をしていなくても、基本的な操作や文書・表の作成、画像の加工などができれば特技としてアピールしても良いかもしれません。保育士は書類作成の仕事が多い割に、男性がいないためかパソコンに詳しい人が少ないのです。パソコンの操作ができる職員は、間違いなく重宝されます。

      あとは「英語」です。どのレベルから「特技」とするかは難しいところですが、たとえば園に日本語が分からない保護者が来た時に、基本的な対応ができる程度のスキルを持っているならば特技欄に書いても良いと思います。

      著者:東京都20代後半女性 - 保育士