保育士 履歴書 資格

ここでは、保育士 履歴書 資格 に関する情報を紹介しています。

※8月8日に更新しました。

転職活動に必要な履歴書。特に専門職である保育士ならば、持っている資格はきちんと志望先の保育園に伝える必要があります。

いざ履歴書に記入しようとすると「あれ?正式名称はなんだっけ?」と迷うことはありませんか?今回は、転職活動中の保育士さんに向けて資格の記入欄の正しい書き方をお伝えします!

    保育士履歴書資格

    資格の正式名称〜保育士がよく持っている資格〜

    取得資格の欄には、

    「20××年 保育士資格」

    「20××年 幼稚園教諭第○種免許」

    と時系列順に記載するのが一般的です。しかし、保育園においていちばん大切な資格である「保育士資格」は、先に取得した資格があったとしても一番上に書いておくことが望ましいでしょう。

     

    保育園で働きたい人がよく持っている資格は、以下になります。

    ◆保育士資格

    「保育資格」「保育士免許」などと間違えないように気をつけましょう。

     

    ◆幼稚園教諭免許第○種免許(6/20New!)

    一般的に、四年制大学を卒業している人は1種免許、短大や専門学校を卒業している人は2種免許になります。

    保育士資格と一緒に取得した方で「幼稚園教諭、もっていたけど更新を忘れていた・・・」という保育士さんをちらほら見かけます。40代~50代の保育士さんだと、更新忘れで失効してしまっている可能性もあるので確認しておきましょう。

    失効していない方も、更新期間はいつなのか確認しておきましょう。

     

    ◆普通自動車第一種運転免許

    地域によっては車が運転できるか否かも重要なチェック項目になるため、免許を持っている人は書きましょう。

     

    ◆ベビーシッター

    民間企業が認定している資格であれば、企業名と共に記載しておくと良いでしょう。一時預かりの業務経験は、保育園でも活かすことができます。

     

    ◆児童指導員

    乳幼児だけでなく、児童館や児童養護施設などで働くことができる資格です。

     

    履歴書に書かないほうが良い資格

    保育士履歴書資格

    履歴書の資格欄が埋まってしまい、もう書くスペースがないという場合は、保育園に関連のある子ども関係の資格を優先的に記載するようにしましょう。

    また、「英語検定3級」や「漢字検定4級」など、中学〜高校レベルで取得できる資格を記載すると、逆に印象を悪くしてしまう可能性があるため、書かないほうが良いでしょう。

    「世界遺産検定」や「アロマセラピー検定」など、半分趣味で取得した資格がある場合、記載は任意ですが、面接で質問された場合「なぜ取得したか」「どんな資格か」などきちんと説明できるように準備する必要があります。珍しい資格が話題のタネとなり、新しい仕事場で才能を活かすチャンスになるかもしれません。

     

    未取得の資格がある場合

    もしも、現在勉強中の資格がある場合は「〜〜資格 ○○月に取得予定」と記載することにより、先方にアピールできます。特に子どもに関係のある資格であれば、未取得であっても記載することをおすすめします。

    著者:東京都20代後半女性 - 保育士

    参考サイト:シンデレラ保育士求人のFINE!

    (資格があっても無くても保育士有利。保育士人材不足の2016年はこういう専門のアドバイザーが揃ってるサイトで保育園を探す)